男の秘密基地 “屋根裏部屋” 製作中 (^o^)v その12020-05-19 16:59

ぶんたです。(^^)/
世の中は、相変わらず、新型コロナウィルスの話題で持ちきりです。

チョット前になりますが、2019年の11月号の研究記事 “終わりが来る前に兄弟姉妹との絆を強める” の冒頭で屋根裏部屋に仲間の兄弟姉妹が密かに集まっている写真が載せられていました。

また、集会の時に長老が、当局の捜索などが突然始まったりした時の為に “出版物などは目立たないようにするか処分する事が出来る” との話がありました。

ぶんたの地元で実際にそのような場面があるかどうかは分かりませんが、身の引き締まる内容と指示でした。そんな事もあり以前から屋根裏部屋に興味があったぶんたが、“渡りに船”とばかりに早速計画を立ててみました。(^o^)/

まず、屋根裏のスペースの確認です。以前からパソコンの空箱などを天井にあげていたの隙間はある事は知っていましたが、、詳しくは見ていませんでした。

それで今回押し入れの狭い天井のベニヤ板をこじ開けて、上がってみました。
前に上がった時には、どさくさに紛れて猫の“はな”が一緒に上がり、大騒ぎになったので、今回はゲージに閉じ込めてから上がりました。(^^;



ヘッドライトを点けて改めて見ると、ぶんたの家の天井裏も結構なスペースがあるなと思いました。
   “ふむふむ、これなら出版物も十分隠せるし、兄弟たちをかくまう事も出来る” とぶんたの妄想??(^^;は膨らむ一方なのでありました。



で次は天井に上がる方法です。押し入れの天井をその都度剥がして、忍者のように上がるのは実際的ではありません。

以前から気になっていた  “天井収納ハシゴ” を調べてみました。いくつもの会社から出ていましたが、5、6万~10万と結構な値段です。加えて一般に大工さんに取り付けてもらうと4、5万位は掛かるようなので合わせて10万弱はかかるかもしれません。




ネットで色々調べたら、“松屋電工” の安いのが見つかりました。
“うぅん?”、“松屋電工?”、“松下電工”なら分かるけど、何か怪しい名前だなぁ~ッ。
たぶん中国のメーカーで名前を似せて商品を安く売っている、そのパターンじゃないの??
価格は¥28,000で送料込み。何か話が出来すぎてるなぁ~ッ と懐疑的なぶんたでした。

疑いながらネットで検索してみると、日本の会社でそこそこ有名な会社でした。(^^)/

失礼しました!m(_ _)m

それで、天井収納はしごは 松屋電工 [YM-790] 8尺 スライドタラップ に決定しました。





次に場所はどこに取り付けるかと言う事ですが、二階の階段の近くの上で、高さも人が立てるくらいの場所が有り、作業がしやすいこの場所に決定しました。



段々と計画が煮詰まってきました。(^o^)/

いよいよ計画決行と言う事で、いつもの棟梁に電話をしました。
すると、コロナウィルス関係で、今は難しいのと都合がついたら電話するという事でした。

そして、電話をしてから一カ月、いっこうに電話がきません。(´o`)
その内、前もって注文していた天井収納ハシゴが家に届いてしましました。(゜o゜;

ジャジャジャジャーン (`o´)/

一体この計画はどうなってしまうのでしょうか?

つづく 

へばッ (`o´)ゞ




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
今度から木曜日に使う、物の正式な名前は? (^o^)/

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nekonekobunta.asablo.jp/blog/2020/05/19/9248474/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。